このホームページの内容は一部を除き全て架空の内容です。
TOP>>車両紹介>>東静高速鉄道7500形電車紹介
東静高速鉄道7500形電車細評

▲7501編成
○7500形電車紹介○
7500形電車は、三島線等で使用されている特急形電車です。
6両固定編成で両端にデッキ・乗降用扉を備え、3号車と5号車にトイレなどが設置されている。
各編成の1号車及び2号車(Mc7500+M7510の2両)は指定席車両,その他の車両は自由席というものクラス編成(優等座席などは設けていない)で、全車動力車としている。全車両の両端に乗降扉を設置、実用本位な感じになった車両です。登場当初は、グランビュー静浜号で使用されていましたが、運用変更に伴い『グランビューうみかぜ号』の専用車となりました。その後、10連化改造工事を実施して2階建車両などを連結した10両編成となった。

○編成○
(←柚子原 三島→)

(改正前)
Mc7500+M7510+T7520+T7530+M7540+Mc7550

(改正後)
Mc7500+M7510+T7520+T7580+T7590+T7530+T7560+T7570+M7540+Mc7550

○製造メーカー
東急車輛製造(6両×8編成 *2階建て車及び中間電動車2両除く)
東静車輌工業(4両×8編成 *2階建て車及び中間電動車2両)

○主な使用列車
特急『グランビューうみかぜ』号:三島〜柚子原(管轄:東静高速鉄道、東海電気鉄道)
尚、朝と夜に、車庫への回送を兼ねた普通列車として運用されることもあります。

○車両備考
グランビューうみかぜ号専用として、4本(XL005〜XL008)が東海電気鉄道に貸し出されている。
尚、運用上は共通のため、双方の乗務員が、担当線区の境界駅で交代して乗務する。

○配置場所
東静高速鉄道沼津車両基地(全車)

車両諸元表
種別直流特急型電車車両
車体寸法(mm)(先頭車)20,500 ×2,950 ×3,980
(中間車)20,000 ×2,950 ×3,980
最高速度120km(営業上は110kmが最高速度)
電気方式直流1500V
保安装置ATC(列車集中制御装置)
制御方式VVVFインバータ(シーメンス社製VVVFインバータGTO素子)
三菱電機製VVVFインバーターIGBT素子
ブレーキ方式回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
その他設備座席:リクライニングシート
行き先表示:デジタル表示
営業開始平成5年4月1日
車両形式等
編成番号編成
XL001(平成5年・平成21年)7501+7511+7521+7581+7591+7531+7561+7571+7541+7551
XL002(平成5年・平成21年)7502+7512+7522+7582+7592+7532+7562+7572+7542+7552
XL003(平成5年・平成20年)7503+7513+7523+7583+7593+7533+7563+7573+7543+7553
XL004(平成6年・平成20年)7504+7514+7524+7584+7594+7534+7564+7574+7544+7554
XL005(平成6年・平成21年)7505+7515+7525+7585+7595+7535+7565+7575+7545+7555
XL006(平成7年・平成20年)7506+7516+7526+7586+7596+7536+7566+7576+7546+7556
XL007(平成7年・平成20年)7507+7517+7527+7587+7597+7537+7567+7577+7547+7557
XL008(平成7年・平成21年)7508+7518+7528+7588+7598+7538+7568+7578+7548+7558
TOP