平成30年1月28日
東静高速鉄道株式会社

2018年3月17日ダイヤ改正について

本日も、東静高速鉄道をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
さて、弊社鉄道線では来る3月17日にダイヤ改正を実施いたします。その改正内容をお伝えいたします。

■寝台特急『はつかぜ』新設について
 今回新設される寝台特急『はつかぜ』は、(京神急行電鉄東京線)京神品川と、(都名電鉄東海本線)新京都とを結びます。三島から東静浜松間は弊社静岡線内の停車駅は三島、東静沼津、新富士、静岡市となります。詳しくは別紙:列車の新設について(別窓で開きます)をご覧ください。尚、この下り列車が静岡線の最終電車となり、上り列車は静岡市から三島までの始発電車となります。


〇停車時刻(下り)新京都行
三 島   00:52着00:57発
東静沼津  01:00着01:01発
新富士   01:24着01:25発

○停車時刻(上り)京神品川行
静岡市     04:35着04:36発
新富士     05:05着05:06発
東静沼津    05:25着05:26発
三 島     05:30着05:31発

■ご乗車の注意点
 下り列車をご利用の際には、停車駅にご注意ください。駅の列車案内板には、以下の通りの案内が表示されます。特に自由席(4号車)をご利用になられる多くのお客様は、定期券及びIC乗車券(IluCa)をご利用のお客様かと思いますが、都名電鉄線内ではIluCaの使用は出来ません。もし乗り越しされてしまった際には、都名電鉄線ご利用分の運賃清算を、駅窓口にて行っていただくこととなり、その手続きで多大な時間を要することとなります。
 その逆も同様で、上り列車で新京都及び都名栗東よりご乗車になるお客様は、都名電鉄線内でのICカード『myica』でのご乗車をご遠慮ください。新京都から都名栗東までのご利用であれば問題ありませんが、都名栗東発車後、次の停車駅は(東静高速鉄道)静岡市駅となります。東静高速鉄道線及び京神急行電鉄線内では『myica』のご利用は出来ません。駅窓口での運賃清算の手続きには多大な時間を要します。

静岡市・東静浜松 方面
For Shizuokashi,Tosei-Hamamatsu.
発車時刻列車種別行 先両 数番 線
0:52寝台特急(愛姫シティーライン経由)高速大阪7両
0:57寝台特急(都名電鉄線経由)新京都7両
寝台特急つきかぜ号の停車駅は、東静沼津、新富士、(愛姫シティーライン)高速京都、新大阪、終点高速大阪です。自由席は4号車、1〜3号車は寝台座席、5〜7号車は指定席です。この電車の本日最終停車駅は新富士です。ICカード『IluCa』でご乗車のお客様はご注意ください。愛姫シティーライン線ではご利用いただけません。
 

■これに伴う運用変更を実施
 下り列車のみ、先行する『つきかぜ』高速大阪行と三島駅での接続を実施いたします。そのため、つきかぜ号の三島発車は15分繰り下げられ0:52となります。重ねて列車の到着時刻が変更となりますのでご注意ください。これに伴い、静岡市駅停車時刻が閉鎖時間を過ぎてしまいます。そのため、3月17日以降の下り列車は静岡市駅を通過扱いとなります。尚、つきかぜ号とはつかぜ号は、それぞれ浜松天竜川駅より西の区間は走行線区が異なります。つきかぜ号は愛姫シティーライン経由、はつかぜ号は都名電鉄線経由となります。ご乗車の際には、切符をお確かめの上で、お乗り間違え及び乗り遅れなさいませんよう、十分ご注意ください。

■一部列車の変更について
 現在、静岡線を走行する列車のうち、一部の急行列車及び快速列車(主に線内完結列車)に特急列車と同じ10両編成が使用されておりますが、当該の列車を他の急行・快速列車と同じ8両編成での運転へ変更いたします。10両編成の列車については特急列車を主軸とした運用とし、一部の送り込み回送を兼ねた列車には引き続き充当されます。

■名称付き特急列車(旧有料特急列車)『グランビュー静浜』運転終了について
 現在でも1時間に1本ずつの割合で、2ドア10両編成の特急列車が運行されております。これは、従来の最優等列車であり、専用車両を用いた特急列車であった『グランビュー静浜』で、特急料金無料化後も運転ダイヤを継続し、着席サービスを提供する列車として活躍をしておりました。しかし、この列車は車両の都合上、朝夕方ラッシュ時に遅延を発生させてしまう列車として、列車運行のネックとなってしまっていました。そのため、旧有料特急列車である『グランビュー静浜』の運行を取りやめ、他の特急列車(寝台特急列車除く)と同様の通勤・近郊形電車10両編成(ダブルデッカー連結)に切り替えます。長らくのご利用ありがとうございました。

以 上

*このページに記載してあることは、全て架空です*
TOP